生活クラブ消費材を使って安全安心美味しい手抜き料理&愛犬ララとの散歩コース&美味しいこと。


by mamkr732011
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ルポ 貧困大陸アメリカ

b0135601_863363.jpg
堤未果著、『ルポ貧困大陸アメリカ』(岩波新書1112)

著者の堤さんは、ニューヨーク州立大学国際関係論学科で修士号をとり、米国野村證券に勤務中に、9.11同時多発テロに遭遇、以後ジャーナリストとして活躍。2006年よりテレビ朝日「ニュースの深層」サブキャスター、「デモクラシー・ナウ!」解説者をしているとのことです。

マイケルムーア監督の「シッコ」も興味深く見て、「アメリカに住みたくない!!」と思いましたが、この本を読んだら、なおいっそうそう思いました。・・・ちょっと待って、日本もアメリカのようになってきてる。どうしよう!

サブプライムローンは、延滞、抵当権の実行、債務免除、破産宣告、返済の負担金が50%以上などに当てはまる人を、対象とするローン。カードすら作れない人に5000万円以上融資する。

金利はもちろん高く、月々30万円以上の返済が払いきれず、家を銀行に差し押さえられる。ストックトンの町では、月に30軒、2007年上半期で 全米で573,400軒が差し押さえられた。

家を締め出された人々は、以前よりもっともっと貧困になる。

サブプライムローンは、「弱者」を食いものにした「貧困ビジネス」の1つだそうだ。

何のために貧困者を作るのか。読みすすめていくとわかってくる。

生活困窮者には、軍の甘い誘いが待っている。徴兵制がなくなったアメリカでは、生活に困って、食べるために軍隊へ入る人たちが、最前線に送られる。

様々な方法で貧困が作られる。

学資ローン(金利も高い)で借金をしても、
若者は、ちゃんとした就職が出来ず、低賃金で不安定な派遣でしか働き口がない。
学資ローンが返せず、貧困

病気をしたら、貧困。
医療保険民営化で、掛け金は高いし、病気になっても保険金が出ない。
良心的な病院は、保険会社から指定を取り消されるから、ますます保険金はおりにくい。
そして病院がつぶれていく。

入院出産の相場は、165万円。妊婦は日帰り出産をする。

貧困家庭の若者は、食べていくために軍隊へ入る。

さらに悲惨なのは、派遣労働者として、戦地で運転手・武器・弾薬の運搬などで働く民間人。40度を越す炎天下で長時間労働。ヘルメットや防弾チョッキもない。病気や死亡も自己責任。



「派遣会社、民営化は、貧困製造システム」なんだと感じた。
日本もアメリカの真似をしている。

小泉元総理、竹中元財務大臣は、アメリカのようにしようとしていたんだ。

最近一番オススメの本です。若い人に読んでほしいな。
お父さん、お母さんにも。
by mamkr732011 | 2008-07-17 09:22 | 本・映画など