生活クラブ消費材を使って安全安心美味しい手抜き料理&愛犬ララとの散歩コース&美味しいこと。


by mamkr732011

<   2008年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

b0135601_1064812.jpg『生命の医と生命の農を求めて』梁瀬義亮著これは1978年発行の古い本です。著者は大正9年生まれ、京都大学医学部を卒業後、兵庫県立尼崎病院に勤務し、1952年郷里奈良県五條市に帰り開業。まもなく患者、主に農業従事者の症状から農薬の恐るべき毒性に気づき、生命の農法研究に着手します。

著者が診察した事例では、全身倦怠、頭痛、口内炎、悪心、嘔吐、腰痛、神経痛に始まり、意識喪失、痙攣、肝硬変、黄疸、ノイローゼ、人格変貌、精神病、自殺といった痛ましいものが紹介されています。

苦しんでいる患者は、農林省や農協が勧めて指導しているものは、安全と頭から信じてかかっている農民がほとんどなのだそうです。
指摘しても、「そんな馬鹿な」と本気にしない人も多いようでした。

昭和28年使われる事になったポリドール(パラチオン)がその問題の農薬です。
「ポリドールは、第二次大戦中ドイツで開発された有機燐性の毒ガス、サリンと同じもので、きわめて強い毒性を持っている。」と戦時機械化部隊に属し、中毒ガス教育を受けた著者は説明します。
こんなものを農民に使わせる国の指導者の冷酷さを身にしみて感じたと。


b0135601_111694.jpg
この本を読むきっかけは、金子さんの公開講座で紹介されていたからです。
図書館に初版本があって借りてきました。

化学肥料、農薬を使う近代農業が、いかに歴史が浅く、研究室での実験から始まって、一気に普及したものであることがよくわかりましす。
原始から行われている農耕のように、叡智を積み重ねたものではないことが。

著者も、金子さんも言います。
農薬をまけば、まず天敵である虫が死にます。
害虫は、農薬耐性に変化していきます。
さらに農薬の量や毒性が増えます。

体にいいからと、野菜や果物を食べることが、かえって体を悪くすることになりかねません。

金子さんの38年に及ぶ無農薬での農業経験、土作り、天敵利用などなど、改めてそのすばらしさを再認識です。
by mamkr732011 | 2008-12-31 11:28 | 本・映画など

ティッシュカバー

b0135601_14294271.jpg

Kさんに、ランチに呼ばれていきました。
カレーそばをご馳走になりました。
今日の料理のメニューだそうです。
とっても美味しかったです。

しかも、このティッシュカバーをいただきました。
Kさんの手作りです。
生活クラブのティッシュの大きさに合わせてくれました。
b0135601_1434468.jpg

今まで知りませんでしたが、市販品と大きさが違うんですね。
b0135601_1435354.jpg

とっても素敵です。
なので、紙で、まねして作ってみました。
b0135601_1436712.jpg


それに、家事のときに便利なこんなものもいただきました。
b0135601_14363735.jpgb0135601_14365740.jpg

使い勝手が良くて、優れものです。
Kさん、ご馳走様、ありがとう。
by mamkr732011 | 2008-12-27 14:41 | その他

レント(ミュージカル)

b0135601_19251532.jpg

12月25日 シアタークリエミュージカルのレントを見てきました。
b0135601_1928131.jpg

この日は、生活クラブが貸切。
おばさんが多いのかなと思いきや、若い人のほうがずっと多いようでした。
主演は、森山未来です。
あらかじめ、映画を見て予習をしてからみました。
みんな動きもいいし、歌も上手。
楽しませてもらいました。

600席ぐらいのこじんまりした劇場で、ほぼその真ん中ぐらいの席でした。
b0135601_194076.jpgb0135601_19403477.jpg

夜の都会は、イルミネーションがきれいです。
b0135601_1942343.jpgb0135601_1943474.jpg
by mamkr732011 | 2008-12-26 19:44 | 本・映画など

リース

b0135601_23202735.jpg

ユーカリの葉を蔓籠を教えてくれたTさんにいただいたので、リースを作りました。

手抜きリースの割にはいい感じと思い、写真撮りました。


はじめは、ユーカリだけでした。
次に、ララの散歩のときに、赤い実を見つけて、このリースにさしておいたのです。
そうしたら、誰か食べたようで、全部抜いて落としていくのです。
昨年みかんをくっつけたときは、ぼこぼこに穴だらけにしていきました。

鳥さんの仕業です。
自然がいっぱいということでもあるのですが・・・

これは、紙とアルミ箔(飴の袋をひっくり返して使いました)とカスミソウ。
カスミソウは1本抜かれて落とされましたが、他のものは鳥さんには魅力無いようです。

全て家にあるもので作りました。
by mamkr732011 | 2008-12-25 23:38 | その他

ハープコンサート

b0135601_1914532.jpg

ハープのホームコンサートが12月23日の午後に明るい日差しの中でありました。
b0135601_1918354.jpg
Iさんが、お稽古場の近所の人たちにきていただきたいと企画したもので、参加は無料。

玄関先に、お誘いの張り紙がしてありました。

私は、Yさん経由でお誘いがあったので、喜んで伺いました。
b0135601_19322598.jpg
サンサンと日差しが差し込むお部屋でしたが、寒いといけないというので、Iさんが薪ストーブを炊いておいてくれました。

Iさんは、9歳からハープを始めたそうです。
小学校の音楽室で、数人の小学生がハープ演奏をしている写真を見せていただきました。

何度か、Iさんのハープの演奏を聞いていますが、ハープの生演奏をこんなそばで聞けるのは、とってもハッピーです。
Iさんのおかげです。

今日の曲目です。
グリーンスリーブス
ダニーボーイ
ドイツのハープのための小品
シューベルトのセレナーデ
ママがサンタにキスをした
ヴィバルディの四季の冬第2楽章
ヘンデルのオンブラ・マイ・フ(ラルゴ)
b0135601_19542611.jpgb0135601_19544891.jpg

b0135601_19574256.jpg


ハープは、大中小と3台ありました。
Yさんは、Iさんにハープを教えてもらっています。
こんな近くにハープの先生がいるのはいいですよね。
いっしょにいった、Nさんの目がキラリとひかりました。


生徒さんが1人増えるかもしれません。

b0135601_207398.jpg
とっても穏やかで優雅な午後のひと時でした。
Iさんありがとうございました。
by mamkr732011 | 2008-12-24 20:10 | その他
池袋のメトロポリタンプラザ1・2Fにある
全国伝統的工芸品センターで、12月18日から30日まで
『全国伝統的工芸品公募展』を展示しています。

ゆーこぴーさんのブログを見たら、「私の連れ合いも、この公募展に作品を出展しました。」
とありました。
都内に出たので、早速見てきました。
b0135601_111733100.jpg

これがその作品。
シンプルで、存在感のある机です。
全体は、こんな感じです。
b0135601_1119412.jpg

天板の淵のほうが、厚みがあって緩やかな曲線を描いています。
机の脚も、緩やかな曲線を描いて下にいくと太くなっています。

聖徳太子でもこの前に座って、文でもしたためているような雰囲気をかもし出しています。
木目の美しさ、表面の光沢のやさしさ。
b0135601_1127828.jpg

作る人の全てが注ぎ込まれているようです。
b0135601_11283552.jpg

by mamkr732011 | 2008-12-23 11:32 | その他

大丈夫であるように

b0135601_1023271.jpg

渋谷のシネマライズに、 「大丈夫であるように」見に行ってきました。
スクリーンも小さめで、座席数は40席。
でも座り心地のいい椅子で、とっても気持ちいい。
2階席で見ました。
Coccoは、人の痛みや、人の死、 沖縄の基地問題、六ヶ所村の再処理工場のことなど、心を痛める。
あの細い体で、痛みや苦しみをともに受けようとする。
だから、Coccoの歌は魂に響く。
でもCoccoは、とっても痛々しい。

「そんなに抱え込まなくていいんだよ。Coccoの歌、それだけでいいんだよ」
といいながら、抱き寄せて、頭をなで、体をさすりたくなりました。
手抜きお母さんはそんなふうな気持ちになりました。
b0135601_10563429.jpg
観おわって出てきたら、次の上映を観るために、もう人が階段に並んでいました。

外は雨。降りだしたばかりのようです。風が強い。しかも冷たい。
by mamkr732011 | 2008-12-23 11:11 | 六ヶ所

シャコバサボテン

b0135601_19364615.jpg

シャコバサボテンがつぼみをつけました。
寒いところにおいていたので、なかなか咲きません。
これは、一昨年購入したものですが、そのときは、つぼみがみんな落ちてしまいました。
急に環境が変わると、つぼみが落ちるようです。
暖かすぎるのが特によくないようです。
b0135601_19393259.jpg

だから場所を変えないほうがいいかなと思って、寒いところのままです。
もうじき咲きます。
でも、確か白だったのに、ピンクなのです。
調べてみたら、寒い場所におくと、白いのが赤みを帯びるとの事でした。
b0135601_19403772.jpg

こちらは、赤い種類です。
b0135601_2022210.jpg

隣に赤い花があるので、白いのが赤みを帯びたのかと思ったのですが、違ったようです。
こちらは、昨年Pママさんに頂きました。
大事にしてます。
こちらのほうがつぼみが固い。
by mamkr732011 | 2008-12-21 20:08 | その他
b0135601_7504261.jpg

以前にも紹介した大塚幸穂さんのチェロとピアノ田下三枝子さんのコンサートが、「有機野菜食堂わらしべ」でありました。特別ゲストに、田下農場の研修生石原ななさんがサンシンを弾いてくれました。
飲みごたえあるスープとワンプレートのお食事つきで、会費なんと1000円。小さいお店なので、定員20人でしたが、当日26人も参加しました。出演者はボランティアなのでしょうか。
b0135601_8521338.jpgb0135601_8525057.jpg

では、「わらしべ」のお店の様子を紹介しましょう。
b0135601_8583165.jpgb0135601_8584638.jpg

外観です。小川町の駅から徒歩5~6分。駅前のはなみずき通りをまっすぐ歩いて、突き当たったら(二つ目の信号)、右折。5~6軒目が「わらしべ」です。(クリックすると小川町駅からの詳細地図がでます。)
電話0493-74-3013

12月のランチのメニューです。
b0135601_10311151.jpg


中で販売している手作りパンです。 「ルヴァン」で修行したそうです。
b0135601_9211018.jpg

手作りクッキーです。
b0135601_9214826.jpg

有機野菜です。有機野菜で作ったにんじんジュースと自然酒です。b0135601_9254067.jpg
b0135601_925367.jpg
前に紹介したマイクロブルワリーの地ビールもいただけます。
b0135601_9302838.jpg

この字に注目。この字を書いたtubasa さんは、生活クラブのくらぶルームのお習字教室の先生です。つばさ游の主宰です。
この字もそうです。
b0135601_9404787.jpg


若い後継者久保孝正さんの指導の下で漉いた再生和紙で作ったはがきが買えます。
b0135601_10115178.jpg

ttubasaさんの「30世紀につながる七夕まつり」の展示。
隣にあるのは、小川町在住の絵本作家菊池日出夫さんの描いた小川町絵地図の原画です。
「わらしべ」には菊池さんの原画がいっぱいかざってあります。

オーナーの好きな自転車です。 「くろうさぎ」さんからのわらしべ4周年のプレゼント。b0135601_9562736.jpgb0135601_95901.jpg











soroさんも「わらしべ」紹介してます。
他のブログでも「わらしべさん紹介されてます。
どちらも、美味しそうな普段のメニューの写真が見れますよ。

コンサートの様子です。
はじめのあいさつ   チェロが滑っていかないようにセッティング b0135601_10202328.jpg
b0135601_10214699.jpg

b0135601_10224334.jpg

チェロの響きは心にしみます。
愛のあいさつから始まりました。
クリスマスが近いので、ホワイトクリスマス、清しこの夜、ジングルベルなども演奏され、みんなで歌いました。
演奏中は真剣なまなざし、普段はとっても笑顔の素敵な大塚さんです。
b0135601_1026039.jpg

万作の花など歌ってくれました。
b0135601_10272781.jpg

出演者と「わらしべ」のご夫妻の記念撮影です。
by mamkr732011 | 2008-12-20 10:33 | その他

ラ・カージュ

b0135601_15493810.jpg

「ラ・カージュ」を日生劇場で見てきました。
面白かったです。
「市村ザザ ファイナルステージ」
生活クラブのライブリー情報で、「B席」を申し込みましたが、抽選に外れました。
でも、「B席」にこだわって、見てきました。
「B席」から始まる前のステージの写真です。
階段状なので、前の人も全く気になりません。
1階席だと出演者がステージから下りてきます。
b0135601_1612490.jpg


市村正親、加賀丈史とっても良かった。
全て男性の踊り子のショーは、とにかく楽しめました。
衣装を着けての側転、バク転。
本当に見事でした。

会場は、ほとんど女性客。
一昔前は、男性客の前で、女性の踊り子がラインダンスやカンカンダンスを踊っていました。
今は、女性客の前で男性が踊っています。
時代の流れを感じました。

1時半に開演したステージは、何度も何度もカーテンコールされ、終わったのが5時5分前でした。
日生劇場の中の絵画や彫刻を写真に撮りました。

b0135601_16111393.jpg

b0135601_16135721.jpg

b0135601_16143134.jpg

外に出たらもう真っ暗でした。
季節柄、イルミネーションがきれいでした。
b0135601_1616791.jpgb0135601_16162676.jpg
by mamkr732011 | 2008-12-19 16:22 | 本・映画など