生活クラブ消費材を使って安全安心美味しい手抜き料理&愛犬ララとの散歩コース&美味しいこと。


by mamkr732011

<   2008年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

蔦の籠

b0135601_18412470.jpg

庭のスオウの木に、蔦が絡まっています。
よく見るとお隣との堺のフェンスにも、蔦が絡まっていました。
大変申し訳ないと思い、絡まった蔦を、はさみを使いながら取り除きました。
アケビと、山芋のようです。

そしてその翌日、早朝散歩のあとで、ララのいるデッキに腰掛けて、籠を編みました。
やり方もよくわからないので、適当に作りました。
まあ何とか形になりました。

衝動買いしたリーガルベコニアの鉢を入れてみました。
b0135601_18514586.jpg


菊にあうなと思い、今度は菊をさしてみました。
b0135601_1852467.jpg

朝日を浴びての籠作りは、とても楽しかったです。
by mamkr732011 | 2008-10-31 18:56 | その他

もってのほか酢の物

b0135601_818322.jpg

毎年Fさんから食用菊の「もってのほか」を頂きます。
いつも酢の物にしています。
名前の由来は、あまりにも美味しいので、「もってのほか」だそうです。
香りが良くて美味しいですよ。
昨年までは、紫と黄色の2種類でしたが、紫はなくなってしまったそうです。
Fさんのお庭には、この「もってのほか」や、色とりどりの小菊が咲いていてとてもきれいです。


作り方
b0135601_8233063.jpg
①咲いている菊の花の花びらを取ります。

b0135601_8245250.jpg

②茹でます。このように再沸騰したらOKです。
b0135601_8254475.jpg

③ザルに揚げ、
b0135601_827253.jpg
よく水分を絞ります。
b0135601_8272936.jpg

④酢大さじ2、塩一つまみ、みりん小さじ1の酢で和えます。出来上がり。
b0135601_8303592.jpg

by mamkr732011 | 2008-10-30 08:31 | 箸休め

クリームチーズ

b0135601_951373.jpg

骨折をしたときに、お見舞いに来ていただいたお礼として、Pママさんにこのクリームチーズを差し上げたことがあります。
そのときに、「クリームチーズにブルーベリーとかのジャムをかさね塗りして食べると最高」という言葉が忘れられず、生活クラブで注文しました。
というわけで早速
b0135601_1071565.jpg

もっといっぱいクリームチーズを塗ったほうが良かった。

生活クラブのクミ~ズ(生活クラブ版ミクシーみたいなもの)では、美味しい食べ方を色々教えてもらいました。

たとえば、

ローズマリーの生葉刻んでおろしニンニクと
胡椒入れてまぜまぜし、パンやクラッカーに塗っても美味しいよ。(にゃんにゃんさん)

それって、ポークソテーにつけても美味しそうね。
豆腐のステーキにもいいんじゃないかしら?
ジャガイモ5mmぐらいの厚さににスライスして焼いたのにつけてもいいと思うな。(miro)

適当に切って鮭フレークと一緒に炊き立てのご飯に混ぜると、もう、もう、もう、もう、すっごく美味しいです!
試してみてね。
散らし寿司に入れてもいけました。 (ひさごんさん)

クラッカーやパンにつけて食べていますが、そのうちそのまま食べたくなるほど。(RUBEさん)

そしてこんな情報も。

これおいくらでしたっけ?
スーパー I のArio店の広告で
全く同じものが840円で売り出されていました。


ちなみに、生活クラブでは、520円。
エ! びっくり。  2個買って1040円だから、520円だよね。
生活クラブは、いいもの安く買えるんだ。

すごく得した感じ。
生活クラブで良かった!
(娘に、すっかり生活クラブの回し者になっちゃってと言われてしまいました。)

クリームチーズとロースハムもグッドでした。
b0135601_10315771.jpg

このブルーベリージャムは、お友達のKさんのお庭で実ったものをジャムにしたものを頂きました。
無農薬のハンドメイドです。美味しいです。
by mamkr732011 | 2008-10-29 10:34 | 生活クラブ
b0135601_16493788.jpg
10月26日県立小川高校公開自主講座第5回、シリーズ『食と農の未来を考える』(全3回)の2回目
「学校農園を活用した食農教育の取り組み」に参加してきました。
b0135601_17164087.jpg

司会をしているのが、この講座の仕掛け人小川高校の松本浩一先生です。

今回は、騎西町の小学校のK先生(女性)のお話でした。
なんと話だけではなく、K先生が作ってきてくださったものもご馳走になりました。
その一つのスイートポテトです。

小学2年生の生活科で行った3年間の実践を紹介していただきました。
野菜の名前も知らない、好き嫌いの多い子ども達に、発見や感動のある体験活動を通して、思考力や判断力を培い、豊かな心をはぐくむことを目標に教育活動を実践されました。

体験は大事。何度もこの言葉が出てきます。

「なないろばたけ」と名づけられた学校農園からは、なす、きゅうり、トマト、レタス、ピーマン、スイカ、カボチャ、とうもろこし、オクラ、ブロッコリーなどなど、なんと38種類の農産物が採れたそうです。

自分たちが世話した畑からこんなに多くのものが収穫できただけでも、大きな発見と感動があったことでしょう。

さらに、糠漬け、沢庵、クッキー、大学芋、サラダ、白菜漬け、ご汁などにして食べたとの事、子どもたちが喜んで活動し、食べている様子が先生の話から伝わってきます。

b0135601_17143958.jpgb0135601_17155546.jpg
b0135601_17214830.jpg
b0135601_1722859.jpg

これは当日の資料です。

図工の時間に描いた「なないろばたけのやさいたちとあそぼう」の子どもの絵が優秀賞をもらい、3年生の社会科の副読本の表紙にもなったそうです。

子どもは、ゴマが1粒落ちていても、大事に拾って先生のところに持ってきたそうです。
その1粒のゴマを命を秘めた宝物と生徒たちと確認しました。
そうした子どもの変化は、やはり体験を通して、ありえたのだと感じました。

そして、参加者にも美味しい体験をさせていただきました。
丹波黒豆、くるみパン、ゴマパン、紫蘇ジュースです。
b0135601_17352618.jpgb0135601_173549100.jpg










1ビン5000円で売っていたのを見て、栽培したそうです。





b0135601_17374912.jpgb0135601_1738984.jpg

b0135601_17385366.jpgb0135601_17415138.jpg

b0135601_17393691.jpg

by mamkr732011 | 2008-10-27 17:42 | その他
b0135601_853517.jpg

椎茸をいっぱい頂きました。こんにゃくと豚肉で濃い味で煮ようかなとも思ったのですが、里芋も頂いたのがあったので、にんじん、油揚げと椎茸、こんにゃくで薄味で煮ました。

材料
椎茸  10個
にんじん  1本
里芋   4~5個
こんにゃく 1枚
油揚げ   1枚
ごま油   大さじ1
きざみ昆布  一つまみ
白だし  大さじ1
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ2

b0135601_99876.jpgb0135601_992223.jpg









便利な生活クラブの消費材です。

上:みついしきざみ昆布

右:濃縮白だし

作り方
①にんじん乱切り、里芋は皮を剥き2cmぐらいの輪切り、椎茸の足を取る。こんにゃく、油揚げは野菜の大きさに合わせて切る。
②フライパンにごま油を入れ、里芋とにんじんを入れ中火で炒める。150ccぐらいの水と刻み昆布を入れる。
b0135601_9194925.jpg

③さらに、こんにゃく、椎茸、を入れる。沸騰したら弱火にする。
b0135601_9223366.jpg

④にんじんが柔らかくなったら、油揚げをい入れ、白だし、砂糖、醤油を入れる。
b0135601_9274577.jpg

味が全体になじむようにときどきかき回しながら、煮汁がなくなりそうになるまで煮る。
b0135601_9284591.jpg

余熱で煮汁が蒸発するので、上の写真ぐらいで火を止めてOKです。
b0135601_932943.jpg

煮物は、鍋1つでコトコトするだけでいいので、簡単です。
きざみ昆布と白だしがあれば、上品な味に仕上がります。
翌日は味がしみてもっと美味しくなります。
by mamkr732011 | 2008-10-26 09:37 | 野菜料理

寄せ植え

b0135601_152095.jpg

今日は久しぶりに予定が無いので、またKさんと出かけました。
もっとスミレがほしいというので、ホームセンターの園芸コーナーへ行きました。
私は買う予定が無かったのですが、衝動買いです。
寄せ植えをしたくなり、ミニシクラメン(498円×2)、ノースボール、黄色のビオラと、焼杉プランター(680円)を買ってしまいました。
これ全部で、1842円。
そして早速植えました。
パクちゃんから頂いたローズマリーが付くかもしれないと思って、端っこに挿し木しました。

それでやめればいいのに、またしても衝動買い。
リーガーベコニアを二つ。
b0135601_15333978.jpg

鮮やかな濃いピンクと淡いピンク。
b0135601_1534323.jpg

398円に誘われてついつい。
この前の50円の紫のスミレも置いて、玄関が華やかのなりました。
b0135601_15365491.jpg

by mamkr732011 | 2008-10-25 15:38 | その他

りんご

b0135601_8591873.jpg
真っ赤な美味しそうなりんごです。
とてもきれいな色なので、写真撮りました。

あまりにも大きな柿なので、
b0135601_912095.jpg

 


実は・・・・
b0135601_923559.jpg


こんなに小さいのに、ちゃんとりんごなのです。
b0135601_934330.jpg

このりんごを、リスが食べているところを想像したら、顔がほころんでしまいました。

今日Pママさんからりんごを頂きました。
あまりにも大きいから、並べて写真撮りました。
b0135601_2018331.jpg

b0135601_20205943.jpg

by mamkr732011 | 2008-10-24 09:06 | その他

絵本 『リリ』

b0135601_13324143.jpg

昨夜は、『 六ヶ所村ラプソディー』上映実行委員会でした。
そのときに、はらださんが、絵本『リリ』と『リリがのこしてくれたもの』を持ってきてくださいました。
『リリ』は、はらださんの最初の作品で、第14回ニッサン童話と絵本のグランプリ、絵本部門最優秀賞、第46回産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した作品です。

もう絶版だそうで、大変貴重なものをお貸しいただきました。
b0135601_13482192.jpg

杉田豊さんのコメントを紹介します。
 かわいい真っ黒な子犬が来て、主人公になる。『リリ』へ注ぐ視線が愛情ある筋立てとして展開する。そして何年か過ぎ、年をとりいなくなってしまう生涯を描く。子犬への愛情と、現実的な老いの厳しさが交錯する情理を語る。
 画面は全体に白地を使い、シンプルな構成であるが、モチーフの縁取りなどの色彩が有機的な独自の空間を作っている。その結果、白地が白色としての彩りに見えるのは面白い。形体の単純化、主人公の黒色を際立たせる周囲の色調、絵としての文字などを計画性のある構成にしている技は優れている。しかし作者の鋭い感性を大切にした、より自由に描く世界を見てみたいものである。

b0135601_1434798.jpg

呼んでも聞こえないリリ、目も見えなくなっているリリ、においもわからないリリ。

我が家のララのところに行って、かわいがってきました。

『リリ』の次に『リリののこしてくれたもの』
b0135601_147452.jpg

この作品は、『リリ』と「小学生の作者」が主人公です。
子どもと犬とのほのぼのとした豊かな愛情に包まれた日常。
b0135601_14141486.jpg

どんなに遅くなっても、玄関のドアを開ければ、しっぽを振っている『リリ』が待っていました。

『リリ』がなくなった後にも、ちゃんと残してくれたものが、少女の中に。

私は、すぐウルウルしてしまいます。

もう一度ララちゃんをかわいがってきましょう。
by mamkr732011 | 2008-10-23 14:20 | 本・映画など

豚すき焼き

b0135601_8112053.jpg

すき焼きは三大手抜き料理の1つ。
ねぎを炒める人もいますし、お肉に砂糖をまぶしておく人もいます。
これは、醤油とみりん(生活クラブで扱っている三河みりん)を同量いれたものに、具をどんどん入れていきました。最初が、にんじん、ねぎ、最後が肉、豆腐です。
注意は1つ。
白滝とお肉を隣り合わせにすると、お肉が硬くなります。
お肉の隣は豆腐(焼き豆腐)がいいそうです。

今回は、白滝の用意がなかったので、はるさめで代用しています。
ゴマ豆腐があったので使いました。
魚すき、車麩のすき焼きも美味しいですよ。

ねぎは鍋にいっぱいでしたが、煮えると10分の1ぐらいにがさが減ってしまいます。
卵嫌いの夫ですが、すき焼きの卵だけは喜んで食べます。
2個は食べます。
by mamkr732011 | 2008-10-22 08:27 | 肉料理
b0135601_83635100.jpg
少々食欲が無いときでも、お酢の味が利いていて、美味しくいただけます。
生活クラブの秋刀魚フィレは、すぐ使えて、とても便利。
秋刀魚の蒲焼風でも美味しいですよ。(今度紹介します)
3~4人分はあります。
b0135601_8411378.jpg


材料
 秋刀魚フィレ  1袋
 玉ねぎ      1個 (今回は赤玉ねぎ使用)
 鷹の爪     2本
 小麦粉  大さじ2
 胡麻油  大さじ2~3
 調味液
   醤油  大さじ3~4
   酢   大さじ1~2    醤油:酢=2:1が目安です。

作り方
 b0135601_8473464.jpg
①秋刀魚フィレを解凍します。


b0135601_8484086.jpg②玉ねぎは皮を剥き、千切りします。(普通の玉ねぎは薄めに切ってください)鷹の爪は種を取り、はさみで輪切りにします。


b0135601_8521778.jpg③②に調味液を入れなじませておきます。


b0135601_8534042.jpg④ビニール袋に秋刀魚と小麦粉を入れ、衣をまぶします。

b0135601_855158.jpgこうすると少量で簡単にまぶせます。
b0135601_8564344.jpg⑤中火にかけたフライパンに胡麻油を入れ、さんまを身を下にして並べます。
b0135601_8584864.jpg焦げ目が付いたらひっくり返します。

b0135601_912082.jpg⑥秋刀魚が焼けたら、バットに並べ③をかけます。
熱々をすぐ食べてもよし、よく漬いてから食べても美味しいです。
b0135601_95260.jpg

by mamkr732011 | 2008-10-21 09:08 | 魚料理