生活クラブ消費材を使って安全安心美味しい手抜き料理&愛犬ララとの散歩コース&美味しいこと。


by mamkr732011
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:菓子・ジャム( 8 )

杏ジャム

b0135601_10311523.jpg

生活くらぶで、ジャム用杏が出たので作りました。
杏のすっぱみがとても美味しい。

材料
杏  500g
グラニュー糖  150g

作り方
b0135601_10364851.jpg①杏は、2つに割り種を取ります。皮をむく必要はありません。鍋に入れ、砂糖をかけます。鍋はホーローがベスト。ステンレスもOKです。
b0135601_10381496.jpg

少し放置しておきますと、杏から水分が出てきます。
b0135601_1043535.jpg

②水分が出てきたら、弱火で焦がさないように加熱。
b0135601_10491123.jpg

あくが出てきたら、取り除きます。
b0135601_10495783.jpg
だんだんジャムっぽくなってきます。
b0135601_10501851.jpg

後もう少し
b0135601_10512074.jpg

こんな感じで出来上がりです。
長期に保存する場合は、ガラス瓶を湯煎したものに入れます。
by mamkr732011 | 2009-08-02 10:55 | 菓子・ジャム

桑の実ジャム

b0135601_21211599.jpg

ララの散歩で、桑の実を拾いました。
いつものコースは途中でもどってきて、1年以上ぶりで、山に行こうと思ったのでした。
そうしたら、入り口のところで桑の実がいっぱい落ちていました。
それで、これだけ拾いました。
我が家から徒歩1~2分のところです。

というわけで、山には行かないで、家にもどり、桑の実ジャム作りをしました。

材料
桑の実 400g
砂糖   150g
レモン  1個

作り方
b0135601_21302296.jpg①桑の実は、水で2~3回洗う。
ザルにあげて、水を切る。

②ミキサーでジュースにする。

b0135601_2132227.jpgb0135601_21322053.jpg

こんな感じになります。
b0135601_2134121.jpg

③鍋にあけ、砂糖を加えて加熱します。
b0135601_21351043.jpg
b0135601_21362657.jpg

焦がさないように、弱火で煮詰めます。
④あくをすくいます。
b0135601_21374966.jpg

30分ぐらい煮詰めます。
b0135601_21454961.jpg
⑤火を止める直前に、レモン汁を入れます。

⑥ビンは、煮沸にしておきます。
ビンに詰めた後は、蓋をして湯煎します。
b0135601_21415941.jpgb0135601_21584427.jpg


b0135601_21473042.jpg

パンに塗りました。
b0135601_214822.jpg

このあと、夕方にも、翌日にも、桑の実を拾って、ジャムを作りました。

そうそう、生活クラブで買ったこのシリコンスプーン
b0135601_21521685.jpg

とっても便利でした。鍋についたジャムをこそげ取りました。
b0135601_21534122.jpgb0135601_21535958.jpg
by mamkr732011 | 2009-06-07 21:55 | 菓子・ジャム

おはぎ

b0135601_1781567.jpg

生活クラブのライブリー(カタログ)に載っていたレシピで作ってみました。
適当に、応用してます。
b0135601_17111658.jpg


材料
こしあん 350g
きな粉 大さじ4
素精糖粉末 大さじ3
もち米 1と1/2合
うるち米 1/2合(米粉も同量入れてみました)
塩 小さじ1/4
b0135601_17165815.jpgb0135601_17171793.jpg










上 米粉

右 こしあん500g



b0135601_1718828.jpgb0135601_17182567.jpg










左 きな粉
上 素精糖粉末

作り方
①もち米、うるち米をとぎ、2合の線まで水を入れ、米粉を入れる。普通に炊飯する。
b0135601_17274776.jpgb0135601_1728584.jpg

②熱いうちにすりこ木ぼうで、半分つぶす。
b0135601_1732348.jpg

③手に水をつけながら、団子にする。
b0135601_17331456.jpg

④ラップにあんをのせ、薄く延ばす。周りのほうはより薄くする。真ん中に丸めた団子をのせる。
b0135601_17334614.jpg

ラップごと包むように握って、あんでもちをくるむ。
b0135601_17363646.jpg

b0135601_17364310.jpg


b0135601_17405139.jpg
④’ きな粉と素精糖粉末を混ぜる。





もちを薄く延ばす。周りほど薄くする。ラップの上に置き、真ん中にあんをのせる。
b0135601_1738742.jpg

⑤’ きな粉をまぶす。
b0135601_1864127.jpg

⑥’ ラップで、形を整える。
b0135601_18114222.jpg

by mamkr732011 | 2009-04-20 18:12 | 菓子・ジャム

ワイルド八朔でピール

b0135601_2075691.jpg
八朔がいっぱい届きました。
姉からです。
山もちの友達からもらったとのこと。
無農薬というか、ほっぽりぱなし栽培だそうです。

実もおいしい。
2日間で、夫が4つ、私が2つ食べて、この八朔の皮でピールを作りました。
b0135601_20114180.jpg


作り方は、「生活クラブのライブリー」に出ていたとおりに作りました。
夏みかんの皮より苦くなく、とっても美味しいピールがたっぷり出来ました。
b0135601_20134378.jpg

材料
甘夏の皮 300g2~3個分 (今回は八朔の皮6個分)
グラニュー糖 300g  (今回は350g)
水 大さじ1と1/2  (今回30cc)
仕上げ用グラニュー糖 50g

作り方
①甘夏(八朔)の皮をよく洗い、内側のワタを軽く包丁でこそげ取り、縦に5~7mm幅の細切りにする。
b0135601_1522783.jpg

b0135601_20243178.jpg


②たっぷりの湯で①を2~3分ゆで、冷水で冷やして、水気を絞る。
③鍋にグラニュー糖100gと水を入れ、弱火でとろみが出るまで煮る。
④②の皮を加え、蓋をしてとろ火で、常に鍋をゆすりながら煮る。b0135601_20384475.jpg
b0135601_20391690.jpg

皮から水分が出てきます。右の写真のように、ここまで蒸発させるのに20分以上かかりました。

⑤鍋そこに水分がなくなり、皮につやが出てきたら、グラニュー糖100gを加え、皮が柔らかくなるまで④と同様に煮る。
b0135601_204327.jpgb0135601_20432115.jpg
また皮から水分が出てきます。水分がなくなるまで15分以上煮ました。

⑥グラニュー糖100gを加え、蓋をせずにカラカラになるまで煮詰め、水分を飛ばす。皮をつまんで中から水分が出てこなければ良い。b0135601_20543032.jpgb0135601_20552090.jpg
鍋に砂糖が粉をふいたようになってきます。
b0135601_2056050.jpg
こうなるまでにも15分かかりました。

⑦バットに仕上げ用のグラニュー糖を広げ、⑥が熱いうちに手早くまぶしつけ、うちわで扇いで手早く冷ます。b0135601_2135351.jpgb0135601_2141922.jpg
今年はこれで、ピールは3回目。
今回が一番上手に出来ました。
八朔の場合、内側のワタは取らなくても大丈夫だったかなと思います。
苦味がマイルドです。


湯でこぼすときの煮汁を、お風呂に入れるととってもいい感じ。
香りもいいし、お肌もすべすべ。
重曹もお風呂に一緒に入れてます。

取り除いたワタや食べたときの袋も、ネットに入れてお風呂に浮かせると、いい入浴剤になります。
by mamkr732011 | 2009-03-15 21:12 | 菓子・ジャム
b0135601_11162447.jpg

お菓子作りのプロ Y子さんに、参加者の前で、作ってもらいました。
今回は、ココアケーキ台角型を使って作ってもらいました。

材料と下準備
ココアケーキ台角型 1箱  3等分に切っておく。
b0135601_11241179.jpg


生クリーム 1と1/2箱
砂糖  大さじ3
  砂糖 1箱に対し、大さじ2を加えホイップしておく。(ボールの底を冷やすと良い)
b0135601_11245848.jpg
ブラック板チョコ 適量 引っかいておく。
b0135601_11264631.jpgb0135601_11271871.jpg

チョコレートスプレッド(生活クラブの消費材) 大さじ1
b0135601_2205239.jpg


b0135601_1131336.jpgシロップ
砂糖と水同量を煮溶かしたものに洋酒少々







作り方
①3等分したココアケーキに切込みを入れ、、シロップを塗る。6枚になる。
b0135601_11343993.jpg

②生クリームを塗る。
b0135601_11353291.jpg

③生クリームを塗ったほうを内側にしてくるくる巻く。終点は、斜めに切り取って円を滑らかにしておく。
b0135601_11372745.jpg
b0135601_11375553.jpg

④上に生クリームを塗る。
b0135601_11403310.jpg

⑤年輪のように生クリームを巻いていく。
b0135601_11414171.jpg

b0135601_11421067.jpg

⑥残った生クリームにチョコレートスプレッドを混ぜて、チョコ生クリームを作る。
それを、サイドに塗る。
b0135601_11434351.jpg

ホークで傷をつける。
b0135601_11443659.jpg

⑦引っかき取ったチョコレートをサイドにくっつけ、飾りをつける。
b0135601_11464250.jpg
b0135601_1146778.jpg

できあがり
b0135601_11492378.jpg

by mamkr732011 | 2008-11-08 11:49 | 菓子・ジャム
b0135601_7494326.jpg

今回でクリ正シリーズは最終になります。
最後はクリスマスらしくブッシュドノエルです。

使う消費材 :ココアケーキ台角型2枚入り(サンプル)
         生クリーム
         生チョコスプレッド(40,44,48週取り組み)

材料 (2本分 長さ17cm×2)
 ココアケーキ台角型   2枚
 シロップ          砂糖小さじ2+水大さじ2
 生クリーム        2パック
 生チョコスプレッド    1個
 製菓用スイートチョコレート 60g
 コナ砂糖          適量
 クリスマス用の飾り

下準備
・板チョコを割ってボールに入れ、60℃くらいの湯煎にかけ溶かす。
 ・シロップを作る(分量の砂糖・水を容器に入れ、電子レンジで溶かしておく。*ブランデー小さじ1を加えてもいい)

作り方
①オーブンペーパーを広げ、湯煎にかけて溶かしたチョコレートをあける。カードを使って薄く延ばし、冷蔵庫で冷やして固めておく。

b0135601_825558.jpg


②生チョコスプレッドに生クリームを少しずつ加えて混ぜたあと泡立てる。
b0135601_8132846.jpg

氷の入ったボールを下にしています。
b0135601_8145941.jpg

やりすぎに注意、泡だて器から落ちてこない程度。
③ココアシートスポンジをオーブンペーパーの上にのせ、パンきりナイフで表面にきめを入れる。シロップを打ち、②の生クリームを塗ってくるくる巻く。
b0135601_8362430.jpg
b0135601_8364753.jpg
b0135601_837642.jpg

巻き終わりを下にして、表面にもシロップをうち、クリームを塗る。
b0135601_8383222.jpg
b0135601_838521.jpg
b0135601_8391131.jpg

④冷やし固めておいたチョコレートを手で割り、全体の貼り付ける。
b0135601_8404570.jpg

粉砂糖を振って飾りを添える。
b0135601_8421893.jpg
b0135601_8423627.jpg

by mamkr732011 | 2008-09-12 08:44 | 菓子・ジャム

水羊羹

b0135601_86526.jpg

生活クラブのカタログを見ていて、水羊羹に心動かされそうになりました。
待てよ、あんこ買ってあったし、寒天も・・・
ありました、ありました。
早速作りました。しかもたっぷり出来ちゃった。

材料
 生活クラブのつぶあん500g  もちろんこしあんならさらにOK
 粉寒天1袋
 水 500cc
b0135601_8175141.jpg


作り方
①水に粉寒天をいれ加熱、かき回しながら。沸騰後2~3分煮る。
②火を止めて、あんこを混ぜる。
b0135601_82357100.jpg

むらにならないようによくかき回す。
③型(バット)に流しいれる。
b0135601_8252577.jpg

冷蔵庫で冷やして出来上がり。
固まったかな?端っこのほうを切り取って味見。
この簡単さにこの旨さ。
b0135601_8275146.jpg

癖になりそう。粉寒天はまだたっぷりあるし・・・
今回のお盆明けに提出するカタログに、「つぶあん」「こしあん」ちゃんとあるし、
「時々」とか書いてあるし、両方注文しました。
by mamkr732011 | 2008-08-12 08:37 | 菓子・ジャム

ヤマモモジャム

b0135601_7162382.jpg

b0135601_7174370.jpg














ヤマモモをkatsuoさんからいただきました。ネットでヤマモモジャムの作り方を調べて作ってみました。
裏ごしが大変で、これは手抜き料理ではないと実感。
1.3kgあったヤマモモは、ジャムになったら320g(さとう100g加えてある)になってしまいました。
出来たジャムは、、ジュースを煮詰めたような、滑らかな仕上がりでした。
b0135601_7505239.jpg

味は酸味が強くとても美味しくできました。

材料
 ヤマモモ1.3kg
 砂糖100g

作り方(こちらと両方見てください)
①ヤマモモをきれいに洗い、ヘタをとり、ザルに上げ水をきる
b0135601_7565336.jpg
結構水が出ました。

②200ccの水を沸騰させヤマモモを入れる。
b0135601_7594996.jpg

③かき回しながら加熱。
b0135601_804599.jpg

どのくらい煮たらいいものかと思いながら、弱火で30分加熱しました。
b0135601_824335.jpg

④裏ごしします。
b0135601_854554.jpg

  これが大変。「こんな少しになっちゃうの?」と思いながら、必死に搾り出しました。
b0135601_873188.jpg

  果肉混ぜちゃおうかなとも思いましたが、思いとどまりました。
b0135601_891739.jpg

この時点で、約700cc弱のジュースにになりました。半分の量になってしまいました。
⑤これを加熱します。沸騰したら砂糖を入れます。砂糖の量は悩みました。
ネットでは、原材料の40%。そうすると、約500g。
700ccの40%だと、280g。
甘さは控えようということで、100g(大さじ10杯)にしました。
ヤマモモは酸味が強いので、もう少し甘くてもよかったかなという感じです。
b0135601_8193488.jpg

⑥煮詰めます。
b0135601_8205879.jpg

 さてどのくらいにつめたらいいものか。
 仕上がりは、しゃもじの垂れ具合で判断。ここがポイントだなと思いました。
 こげるのが怖いから弱火にしていました。50分煮ました。
 最後は大胆に、火を強くして
b0135601_8251786.jpg

 これでよしと判断。
b0135601_82664.jpg

冷めたら、いい感じのプルン状態になりました。
b0135601_828027.jpg

以前は、娘たちが摘んできた木苺ジャムをよく作りましたが、
夫と2人の今は、手作りジャムなんか作らないよと思っていましたので、ビンは捨てたばかり。
そういうわけで、こんな容器に入れてます。

休日の朝はパン食。ヤマモモジャムとポテトサラダでいただきました。
b0135601_8595634.jpg




久々のジャム作りでした。
慣れないことをすると疲れます。
by mamkr732011 | 2008-07-29 08:46 | 菓子・ジャム