生活クラブ消費材を使って安全安心美味しい手抜き料理&愛犬ララとの散歩コース&美味しいこと。


by mamkr732011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

埼玉県はゴミの流入量日本一

10月5日熊谷文化創造館「さくらめいと」で、広瀬立成さんの「ごみは環境の基本」という講演会と埼玉県のごみの現状報告会がありました。
生活クラブ熊谷ブロック環境委員会と市民団体の共催です。b0135601_2292341.jpg















b0135601_22949100.jpg
会場には100人近い人が集まっていました。

広瀬さんは、早稲田大学理工学術院総合研究所教授で、物理学者です。
東京町田市の「町田市ごみゼロ市民会議」の代表を務めました。

ごみになるものを
 「作らない」
 「燃やさない」
 「埋め立てない」
という基本方針で、会議を280回も重ね、報告書を市長に提出。

生ごみ堆肥化の方法として、生ごみ処理機の無料貸与を実施。

またスーパーのレジ袋の廃止の実施など、実践に基づいた話は説得力がありました。

そのあとの報告会では、埼玉県に160ぐらいごみ山があり、ごみの流入量がずーと日本一であるとの説明がありました。

また、寄居町にある産業廃棄物埋め立て処分場「埼玉県環境整備センター」と隣接している「彩の国資源循環工場」の環境への影響が報告されました。
鉛の流出、ダイオキシン、カドミウム、六価クロム検出があるといった内容です。

そうしたなか、埋め立て予定地がまだいっぱい残っているのにもかかわらず、さらに二期工事が計画されていて、その凍結を求める請願署名活動への協力が呼びかけられました。

生活クラブでもこの署名活動に協力します。

b0135601_22515296.jpg
この報告会で、生活クラブのグリーンシステムもアピールされました。
洗って繰り返し使うリターナブルビン、牛乳のキャップやサイドコードのピッキング袋へのリサイクルなどが紹介されました。
by mamkr732011 | 2008-10-06 22:59 | 生活クラブ