生活クラブ消費材を使って安全安心美味しい手抜き料理&愛犬ララとの散歩コース&美味しいこと。


by mamkr732011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

デリバリーセンター見学

b0135601_9252051.jpg
4月16日生活クラブ熊谷ブロックの運営委員オリエンテーションで、飯能デリバリーセンターに見学に行きました。
ここの施設は、生活クラブ連合会の施設で、新物流(飯能デリバリーセンター)、電算システムが2007年1月より本格稼動されました。
全国の29の単協の地域センターに、ここから物資が配達されます。
32万人の組合員の家庭に届けられるそうです。

これは、おなじみの注文OCRです。
2段になっていますが、上段の約4割に当るものが記入ミスのあるものです。
b0135601_9305019.jpg
このほとんどが小計の記入漏れだそうです。
記入ミスのものは、1枚1枚パソコンの画面で訂正されます。
b0135601_9323931.jpg
これは、大変な作業量です。
1枚なら簡単なことですが、32万人の約4割10万枚以上を1枚1枚訂正するのですから、大変です。
小計を必ず記入するようにしようと思いました。
b0135601_9364739.jpg
これは愛知県からきているOCR。
熊谷のはあるかしら?
b0135601_9374449.jpg
熊谷のもありました。

こちらを見てください。ここは超巨大な冷蔵庫。
b0135601_939235.jpg

小さな部屋のようなところで、作業をしている人がいますね。
そこは、冷蔵のトラックの荷台の中なのです。
巨大冷蔵庫にトラックの荷台が接続され、冷気が逃げない状態で、積み込みができるようになっています。
このようにトラックが接続できる搬出入口が並んでいます。
b0135601_9474148.jpg

-30度の巨大冷凍庫の中にも入りましたが、写真を撮るどころではありませんでした。
寒さだけしっかり体験しました。
冷蔵庫が温かく感じました。
今日は金曜日なので、冷凍冷蔵のラインはお休みでした。
b0135601_9462590.jpg

ここに、ライトがついて、数が表示されてと説明されましたが・・・
b0135601_102152.jpg

ここは、組み込み作業の棚に物資を補給する部屋です。
b0135601_1035885.jpg
重いので、男性が作業に入るそうです。
各単協の地域センターの名前が並んでいます。
b0135601_950487.jpg


ドライ品のラインです。箱が用意されていきます。
b0135601_100476.jpg

ドライ品の組み込み作業
b0135601_9522866.jpg

1人1人の注文に合わせて組み込まれていきます。
なんと全国の組合員です。
おなじみの袋 大と小
b0135601_9532547.jpg


こちらは、2階の倉庫の部分
b0135601_958533.jpg

コンピューター管理です。

こちらは、ライブリーやOCRの組み込み作業
b0135601_106285.jpg
b0135601_1063282.jpg


どこの部署も効率よく作業していました。
連合会の職員は20人足らず、他は日立物流(株)やワーカーズなどの委託で、600人以上の人が働いています。

見学の後は食堂で美味しい食事をいただきました。
金曜日はバイキングでした。
時間が少なくて、ちょっと残念でした。
by mamkr732011 | 2010-05-01 10:13 | 生活クラブ