生活クラブ消費材を使って安全安心美味しい手抜き料理&愛犬ララとの散歩コース&美味しいこと。


by mamkr732011
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

つたえたい!洗剤・化粧品の真実ーいまどきの合成洗剤の問題ー

b0135601_2072771.jpg

6月11日浦和にある埼玉会館で行われた
「つたえたい!洗剤・化粧品の真実ーいまどきの合成洗剤の問題ー」
講師 長谷川治さん(洗剤・環境科学研究会評議員)
に行ってきました。
会場は満員でした。
北海道で行われた「シャボン玉フォーラム」の分科会で、長谷川さんのお話を聞いたばかりでしたが、
今回は、実験もあって、さらにせっけんのよさや使い方のポイントを知ることが出来ました。
b0135601_2117954.jpg

合成洗剤が人体や環境に悪影響を与える有害化学物質であることは、5月20日のブログに詳しく書きましたので、そちらを見てください。

今回は、せっけんの使い方のポイントを中心に報告します。
*せっけんは、汚れもよく落ちるしいいんだけど、せっけんカスが・・・
と思っている人は私だけではないと思います。
私は、合成洗剤を使って下着を洗ったら、体中湿疹だらけになってしまったので、せっけんしか使えないのですが。
でも、せっけんカスには、困ると思っています。
今回なぜ、石けんカスができるのかわかりました。
これを見てください
b0135601_20461193.jpg

海水に石けんを入れてかき回したものです。
白い塊ができました。
石けんとカルシウムやマグネシウムが結合してできるとのことです。
白いものは、カルシウム石けんです。別名食用石けんとも言います。
b0135601_2050373.jpg

だから、川や海の魚が食べても全く問題がありません。
それどころか、カルシウムの吸収がいいので、豚や鶏の飼料に混ぜたりするそうです。
魚が食べれば、骨太魚になるというわけです。

合成洗剤は、川の生き物に、奇形・メス化・絶滅といった悪影響を与えます。

水道水にもカルシウムやマグネシウムが含まれているので、せっけんカスが出来ます。
石けんカスが付かないようにするには、少ない洗濯物を多めの湯(水)で洗ってすすぐことだそうです。
水より風呂の残り湯のようにぬるま湯のほうがせっけんがよく溶けます。
特に全自動は、攪拌能力が低いので、詰めすぎは禁物です。
二層式洗濯機はよく回転するので、上手に洗えるそうです。

洗濯機に汚れていないバスタオルやタオルを入れないことです。
長谷川さんちでは、バスタオルは使わないそうです。
我が家も使っていません。

汚れているものだけを、洗う。
洗濯機に詰めすぎない。
これがポイントです。


*次に、せっけんでコップを洗ったら、余計べたべたになってしまったということはありませんか?
それもなぜだかわかりました。

ビーカーに油と台所用液体せっけんを入れたものに酢を入れたものです。
b0135601_21254876.jpg

上に油が浮いてきているのがわかるでしょうか。
酢を加えることにより、油とアルカリにもどってしまうのだそうです。
皿を洗うときに、酢のような酸があると、このビーカーのように油が出てきてしまうというわけです。
ソースも、汗も、酢と同じような働きをするそうです。

洗濯してなんかべたべたな感じがした経験がありましたが、納得しました。

皿を洗うときは、ふき取ってから水で流し、洗うといいですね。

洗濯も予洗いは、有効です。
特に汗まみれのもには必要ですね。



*頑固な汚れには、酸素漂白剤がいい。
b0135601_22311896.jpg
凄い茶渋が底のほうに付いていたのですが、浸したただけでとってもきれいになりました。びっくりするくらいの効果でした。
ポイントは、湯を使うこと。
水温が10℃上がるごとに効果が2倍になるそうです。
だから、20度の水より70度の湯のほうが2の5乗、つまり32倍効果が上がるわけです。



*顔や体を洗ってこんな経験ありませんか?
合成洗剤のボディーソープを使ったあとは、いくら流してもヌルヌルした経験ありませんか?
これを、「洗うとスベスベに・・・」と宣伝してるようですが、実は落ちきらないでヌルヌルということなのだそうです。
合成洗剤は、落ちないのだそうです。
薄めるだけです。

せっけんで体を洗い、シャワーで流すとさっとせっけん分が取れます。

*これは、合成洗剤に酢を混ぜたものです。
b0135601_8315789.jpg

石油と分離するようなことは起こりません。
だから、洗ったあと、べたべたになることはありません。
でも、よく考えてみると、いつまでたっても界面活性剤として残り、分解されないということだと思いました。
合成洗剤は、その化学式の構成にベンゼンが入っています。このベンゼンは、亀の甲の形をしていて、非常に安定しているのだそうです。
分解するのには、100年かかるのだそうです。
洗うときには、海面活性は、油と水を混ぜるので有効ですが、必要の無いときは、とんでもないことになります。
河川の生き物や皮膚に残留した界面活性剤が、いつまでも悪影響を与えるのだなと思いました。


湿疹、アトピー、体がかゆい、フケが多い、抜け毛が気になる、枝毛。
このようなことが気になる方は、せっけんをお勧めします。
最初は、余計ひどくなる感じがするかもしれませんが、
3~6ヶ月間使い続ければ、必ず改善されます。
せっけんライフはじめてみませんか?
by mamkr732011 | 2009-06-14 22:50 | 生活クラブ